史料館の案内

研究報告

お知らせ・活動

小学校の団体見学

史料館ブログ

開館情報やお知らせなど

神戸市東灘区神戸深江生活文化史料館ブログ

神戸市東灘区神戸深江生活文化史料館facebook

打出焼

特別展図録 打出焼-藤川祐作コレクション-

明治の終わり近く開窯された”打出焼”は、斉藤幾太から初代阪口砂山(庄蔵)から二代目砂山(淳)の約六十数年間、旧打出村(現在、兵庫県芦屋市)で作陶された京焼である。
作品としては、全般にわたって作られていたようである。西宮海清寺の南天棒の生前葬の棺桶は、有名な話で当時の新聞をにぎわせた。
各分野の文化人が訪れ、絵付けをしたことが近年あきらかになってきている。

図録は、藤川祐作と史料館の打出焼が63点紹介されています。

特別展図録 打出焼-藤川祐作コレクション-